便秘を直すには

女性の人で便秘に悩む人はかなり多いと言います。 女性特有の悩みと言われますが、精神的なこともあれば、食生活にも大きく左右されることは、良く知られています。

食事では、肉類中心の生活ではなく食物繊維を豊富に含んでいる食材を多く摂ることが、便秘解消の秘訣だと言われています。 それだけに、野菜や根菜類をできるだけ多く食べることが必要です。

中には、腸内の善玉菌を増やして便秘解消ということも、色々な場面で紹介されています。 特に乳酸菌を含むヨーグルトドリンクやサプリメントも効果的だということは、よく知られていることです。腸内環境サプリ

しかし、もう1つ大事なことは、トイレに行くタイミングを大事にすることです。 規則正しく1日3食を保つことが便秘解消のポイントなのですが、食事をすることで、腸の活動が活発になってきます。

その結果、便意を催すようになってくるのですが、このタイミングに合わせて、キチンとトイレに行くことが大事なのです。 このタイミングを逃して我慢をしていると、それだけで便秘の原因になってきます。

何かと忙しい現代生活の中では、トイレに行くことを我慢することも少なくありません。それがますます便秘を引きおこす結果にもなってしまうのです。 できることなら、時艱的にゆとりのある朝にトイレに行けるサイクルを作り上げることが理想です。

便秘の原因について

便秘になってしまうと腸に便が長時間溜まった状態になるので腹部に不快感を感じる事が多くなってしまいます。また腸に便が長時間溜まった状態になる事で不要な成分まで吸収してしまい健康面で支障が出てしまう事も少なくありません。便秘になってしまったら早めに改善していく必要があるので原因をしっかり確認していく事にしましょう。

・排便反射が起こらなくなる

便が直腸に達すると便意を感じるようになりますが、排便反射が起こらなくなると便意を感じなくなって便が直腸に停滞してしまいます。腸内環境が悪くなっているのが主な原因なので改善していく必要があります。

・腸の機能が低下している

大腸の機能が低下してしまうとぜん動運動が行われなくなってしまうので腸に便が溜まりやすくなってしまいます。また水分も吸収されてしまうので便が硬くなり排便しにくくなります。

・腸が緊張した状態になっている

副交感神経が優勢になってしまうと腸が緊張した状態になってしまいます。緊張した状態になってしまうと便が運ばれにくくなってしまうので便秘の症状が出てしまいます。特にストレスを溜め過ぎてしまう事が主な原因となっています。

便秘の原因はこのようにあるので取り除きながら改善していくといいでしょう。腸内環境サプリ

便秘の辛さは、経験してみないとわからない

世の中には、便秘に一度もなったことが無い、という人もいる事でしょう。実際私の周りにもそういった人たちは何人かいるのですが、彼ら彼女らに言わせると、便秘の辛さが全く理解できないそうなのです。

そりゃもちろん、便秘になったことがない訳ですからね、具体的にどういう辛さかは分からないと思いますが、それでも「辛いんだ!」という事くらいは、理解してほしいものです。なのに、周りの友人たちは「そんなの、トイレにいって、サッと出せば済むじゃないか」みたいな感じで、全く理解を示そうとしてくれません。

いやだから、出そうと思っても出せないから、苦しくて、辛くて、痛くて・・。うーん、なぜこれが分かってもらえないのでしょうか。とまあ、このように便秘に対する世間の考え方、捉え方というのは、まだまだこんな程度のレベルであって、私のように慢性的な便秘に悩まされている者からすると、とても悲しいわけであります。

なので、今後はもっと便秘に対する理解度が深まるようなテレビ番組であったり、雑誌であったり、会であったりが広く行われるようになってほしいものです。そうすれば、便秘に悩んでいる人たちも、少なからず生きやすい世の中になると思うんですけどね。まあ、結局のところ、便秘の辛さは、経験してみないと分からないのかもしれませんが・・。

猫大好き人間です

猫をペットにすることが夢でした。
猫をペットにできている今はとても幸せです。

猫をペットにするということは、いろんなハードルがあります。
ハードル第一として家族と同居なら、家族の同意を得るということです。
これはかなりハードルが高いです。

全員が猫好きであっても、家の構造的に猫を飼育することが不可能であるとか。
全員が猫好きであっても、猫アレルギーのような体質とか。
他には、金銭的に猫を飼育することが難しいとか。

乗り越えなければいけないハードルは本当に様々にあります。
家は幸いにも、猫を飼うことにあたって、偶然にも順調にいったので
ラッキーでした。

いままでは、飼いたいと思っても、すんなりといったことがなかったです。
それが、今、飼っている猫のときは、全てが順調にいったのです。
いままで、あんなに飼いたいと思っていた猫を一匹も飼うことができなかったのに
ペットとして猫を迎え入れることができて、本当に幸せです。

何事も順調にペットとしての猫を迎え入れることができたというのは、きっと今の猫にとても縁があるから、出来たことだと思います。

今の猫にペットとしての縁があることは、本当に幸せです。

犬猫やその他の動物をペットとして飼うことは、人間も大きく成長させてくれます。

言葉を話せないだけで、ペットも心があります。人間をよく見ています。

時に、猫は、人間同士のいざかいの中和剤をも自ら買って出てくれます。
飼い主が落ち込んでいるときには、励ましてくれることもあります。

八つ当たりの喧嘩をペットとしたときは、ペットも逆襲に出てきます。

言葉を話せないだけで、完全に心のある生き物です。
愛しくてたまらない生活をもたらしてくれたペットに、大感謝です。

ペットを飼って簡単アニマルセラピー

アニマルセラピーという言葉がありますよね。
犬などに触れることにより、精神的な安定を取り戻したり、感情が安定したり、痴呆等の病を抱えたお年寄りの症状が改善されたりしたという実例は数多くあるようです。
本当にペットの効果は絶大です。
私の家にも猫が二匹いますが、毎日がアニマルセラピーのようです。
例えば、我が家は夫婦二人暮らしで子供がいません。
それぞれに仕事を持っていて、全く違う職種についています。
結婚して10年を超えますが、猫がいないと会話がはずみません。
例えば、せっかくの休みに泊りがけで奮発した素敵な旅行に夫婦で出かけても、ホテルに入るともはや会話がはずまず、共通点が少ないこの関係がストレスの原因になってしまう程です。
夫婦二人っきりになると気が付くと猫の話ばかりしています。
結果、私達二人の共通点は猫だからです。
そして、猫二匹と夫といつもの家族に戻るとこの上なく居心地の良い家族になるのです。
これは私にとって最高のアニマルセラピーです。
それだけではありません。
仕事をしながら資格の取得に励んだ時がありました。
その忙しさと辛さと言ったらありません。
忙しさと疲労から仕事でもミスが続き、精神的にもストレスは極限でした。
でも、そんな時でも、猫たちは微妙な雰囲気をきちんと察知してくれるのです。
へとへとな時でもボロボロな時でも、そっとそばに寄り添ってくれます。
そしてその柔らかい体を抱き上げ、膝の上で撫でると、ストレスが何処かへ吹っ飛んでいくような気分です。
このセラピーに今までどれほど救われたかわかりません。
よく、ペットロスという言葉があって、ペットが死んでしまうと飼い主が病気になってしまうという事例です。
私たち夫婦にとっても猫は必要不可欠なものです。
でも、それでももし猫たちが死んでしまったら、私達は生きていけないのですぐに新しい猫を飼う事にしようと夫婦で話しています。

猫好きな犬派夫婦

主人と私は犬が大好きで「将来ペットを飼うなら犬にしよう」とよく話していました。 ある日、私が帰宅するとなんとなく自宅の雰囲気が違い、主人が窓側を指さしていたのです。するとカーテンが揺れたので、直感で「子犬だ!」と思ったのです。そして、子犬との初対面にドキドキしながらカーテンに近寄り、カーテンをめくると細長い尻尾が見えたのです。疑問に思い、振り返ってその動物を見ると成猫でした。

私の期待とは反対のペットで正直、残念な気持ちもありました。主人に話を聞くと、ペットショップに売っている犬を買うよりも、シェルターや飼い主を探している犬を探していたようで、この猫は飼い主が海外に転勤することになり新たな飼い主を探すためのフリーペーパーに載っていたそうです。最初はペットは犬と決めていたので、迷ったそうですが猫だと散歩の必要がないから仕事をしている私達にはピッタリだと思い、引取ることを決めたそうです。

このようにして私達夫婦と新しい家族の生活が始まったのです。新入りの家族が私達に馴染むまでに少し時間はかかりましたが、この子が我が家に来たことで、これまでの生活を大きく変えました。朝は日の出とともに目覚め、餌の催促から始り、帰宅するとカウンターに乗っていたものが全て床に落とされていたので、全てキャビネットにしまうことになり、カーテンに付いていた紐も噛まれたりするので取り払われました。

正直、最初はストレスになりはしましたが、それでも主人の帰りが遅い日は一人で寂しく待つこともなくなったり、寒い夜には膝の上に乗ってきて湯たんぽ代わりになったり、この子の存在で心穏やかに過ごすことができています。

そして、私達夫婦の大きな変化はまだありました。それは猫グッズが増えてきたことです。猫の肉球をモチーフにしたコップだったり、小物だったり、いつの間にか犬派夫婦だったはずが、猫派に変わっていました。将来は、庭付きの家で犬も家族に迎え、猫犬が共存する家にしようねというのが、私達の新たな夢になりました。